思想信条の自由を担保するには?2020/05/25 09:45

大阪市では、教員は国歌斉唱で起立・唱和をすることが義務づけされています。

また、Youtubeでは橋下大阪市長が記者会見で本件の内容について議論しているところが公開されています。

さらに、大阪弁護士会としての見解もWebで公開されています。

双方の言い分を聞いて、(憲法で保障されている思想信条の自由を担保するためにはどうするのが良いのか?)自分なりの考えをまとめてみることはとても大切なことだと雲は思います。

橋下市長vsMBS女性記者.flv

https://www.youtube.com/watch?v=TQU9G09kPSU

いわゆる日の丸・君が代問題に関する事例(その1)

https://www.osakaben.or.jp/01-aboutus/committee/room/jinken/03/2016_0318.php

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は、西暦何年でしょう?
(半角数字で2020と回答下さい)

コメント:

トラックバック